メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄、台湾をつむぐ

祖先の地、伊是名島の巡査に

沖縄北部に位置する伊平屋伊是名諸島。写真右側の大きな島が伊是名島。左側の細長い島が伊平屋島=鈴木玲子撮影

 沖縄で養蚕研究・指導者から巡査に転身した川平朝平(かびらちょうへい)さんは、那覇署に配属された。1900年ごろとみられる。勝手に巡査になったので父の朝彬(ちょうひん)さんに勘当され、首里(現・那覇市)の屋敷を追い出された。このころ宿があるのは遊郭がある辻ぐらい。辻に定宿を構え、そこから署に通うという風変わりな巡査生活が始まった。辻の派出所に勤務したとも伝わる。

 那覇には1672年に辻と仲島に遊郭が造られた。渡地(わたんじ)を加え3遊郭があった。1908年に統合され、辻が唯一の遊郭となった。辻は「チージ」、女性たちは「ジュリ」と呼ばれた。辻は社交の中心でもあり、料亭も宿も辻にあったそうだ。

この記事は有料記事です。

残り3759文字(全文4057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです