メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カプコン1万6400人分の個人情報流出確認 最大39万人か サイバー攻撃受け

サイバー攻撃を受けたカプコンの本社=大阪市中央区で2020年11月11日午後3時51分、森口沙織撮影

 ゲーム大手のカプコン(大阪市)は12日、昨年受けたサイバー攻撃で取引先や社員など約1万6400人分の個人情報流出を確認したと発表した。これまで9人としていたが、調査の結果急増した。流出した可能性がある個人情報は最大約39万人と、前回判明分より4万人増えた。うち約18万3000人は採用応募者。流出による被害は現時点で確認されていないという。

 流出を確認した個人情報は氏名、住所、電話番号、メールアドレスのほか社員や退職者の人事情報など。セキュリティー会社の協力を得て調査を進める。有識者で構成する委員会を近く発足させ、再発防止を図る。日米の警察当局と連携し、助言を受ける。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです