メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「御渡り出現を期待」 諏訪湖が3季ぶりに全面結氷 長野

高台の立石公園から全面結氷を確認する宮坂清宮司と氏子総代=長野県諏訪市上諏訪の同公園で2021年1月13日午前9時33分、宮坂一則撮影

[PR]

 諏訪湖(長野県)に出現する御神渡(おみわた)りの認定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)の宮坂清宮司(70)は13日早朝の湖面観察で、諏訪湖の全面結氷を認定した。御神渡り拝観があった2018年2月以来3季ぶりで、氷に乗った宮坂宮司は「この景色を久しぶりに見ました。うれしいですね。これからの観察が楽しみ。御渡(みわた)り出現をぜひ期待したい」と喜んでいた。

 長野地方気象台によると、諏訪市の朝の最低気温は氷点下7・4度で今月最低を記録。湖面観察場所の舟渡川河口(諏訪市豊田)の午前6時半ごろの気温は氷点下9・3度、水温0度。諏訪湖には前日まで見られなかった氷の筋や盛り上がりが何本も東西方向に走っていた。同市豊田有賀の高台から諏訪湖を観察してきた観察総代の笠原清一さん(63)が「全面結氷です」と報告すると参加者に笑顔が広がり、「やっと諏訪の冬が来た!」。

 その後、諏訪湖全体が見下ろせる諏訪市の立石公園から全面結氷を確認した宮坂宮司は「北澤美術館前から御渡りになる可能性のあるきれいな筋が延びている。とてもいい。去年は(暖冬で)波とカモを見ていただけだったからね」と笑い、室町時代中期の1443(嘉吉3)年以来578年続く御神渡りの記録「御渡(みわたり)帳」に「13日を全面結氷日と書き記す」と明らかにした。【宮坂一則】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 河北麻友子、一般男性との結婚を発表 「本当に幸せー!」

  2. 東京で新たに1809人の感染確認 新型コロナ

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです