メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「罰則でなく感染拡大防止が目的」「適切な経済支援を」 日医常任理事に聞く

インタビューに応じる日本医師会の釜萢敏常任理事=東京都内で2021年1月5日午後、竹地広憲撮影

 感染拡大防止策と社会経済活動の両立はどうすれば可能か――。新型コロナウイルス対策を議論する政府の分科会のメンバーで日本医師会常任理事の釜萢敏氏(67)が毎日新聞のインタビューに応じ、対策の実効性を高める新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正議論について「目的は罰則でなく感染拡大防止だ」と指摘し、営業時間の短縮を要請される業者に対し「適切な経済支援を受けられる形にしないと、実効性を高められない」と語った。感染者の増加で逼迫(ひっぱく)する医療現場の現状や課題、今後の対策の考え方などについても聞いた。【聞き手・竹地広憲】

「首相、知事は国民に届くメッセージを」

 ――菅義偉首相が7日、緊急事態宣言の発令を決めた。

 ◆政府や知事がいろいろ悩みながら解決策を模索していたことは、そばで見て感じていた。緊急事態宣言を出せばすべてが解決するわけではない。(政府や自治体が要請する感染防止策について)新たに国民の皆さんの理解をもらうための手段として有効に使うべきだ。

 ――医療の逼迫や「感染爆発」はどういう事態を招くのか。

 ◆このままどんどん感染者が増えれば、…

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文2151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです