メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画界どこへ

映画再生産に最適なのは「コンテンツのマルチユース」 全興連・佐々木伸一会長

インタビューに答える、佐々木伸一・全国興行生活衛生同業組合連合会会長=東京都豊島区で2020年12月24日、宮本明登撮影

 新型コロナウイルスで、映画界も大きな打撃を受けている。映画館も製作現場も、感染対策で光景が変わり、配信と急接近。これまでの枠組みが揺らいで、変革の契機ともなりそうだ。2021年の映画界を占うカギとなる人に話を聞く。

 1回目は、全国の映画館を束ねる全国興行生活衛生同業組合連合会のトップに就任した、佐々木伸一会長に登場願った。昨年春の映画館閉鎖から年末の「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』無限列車編」の大ヒットまで、激動の1年だった。

動員2億人の目標、コロナ禍で吹っ飛んだ

 ――20年は激動の1年でしたね。

 19年は映画界の興行収入が過去最高の2611億円、年間観客動員数も1億9491万人と好調でした。20年は、映画界の目標である2億人をいよいよ達成かと機運が高まっていたのですが、コロナ禍で吹き飛びました。

 緊急事態宣言解除後は、ガイドライン作りに追われました。感染リスクをゼロに近づけるために、経済産業省や厚生労働省などと協議し、全興連も相当数の実証実験を重ねました。業界一丸でガイドライン順守を徹底し、映画館ではクラスター(感染者集団)が一件も発生していません。

 ――それでも夏以降はヒット作が出て、年末には「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が興行記録を塗り替えました。

 邦画の話題作が続いたこともあって、客足の戻りは想定以上でした。観客が来るかどうか分からない段階で公開を決めた製作委員会や配給会社にとっては、勇気のいることだったと思います。作品を提供してくれたことに感謝したい。

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」も興収100億円はいくだろうと思っていましたが、これほどとは。コロナ禍で上映作品が減り、多くのスクリーンで上映できたということも理由でしょうが、作品に力がなかったら映画館がカラで回るだけです。ただ、他の作品に広がるかは課題でしょう。1本のヒット作が映画鑑賞の習慣につながって好循環していた時に比べると、弱いのかもしれません。

ディズニーなど米メジャーは地域に応じた対…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1816文字)

勝田友巳

1965年生まれ。北海道大卒業後、90年毎日新聞入社。松本、長野支局などを経て学芸部で映画を担当。2016年から学芸部長を経て2020年10月から再び取材現場に立つ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです