メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「医療受けられない事態も」 感染者急増で病床確保など追いつかず 厚労省助言委

写真はイメージ=ゲッティ

 新型コロナウイルスの感染症対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード(AB)」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は13日、感染者の急増で「通常であれば受診できる医療を、受けることができない事態も生じ始めている」との分析結果をまとめた。年明けからは首都圏に加え「中京圏、関西圏、北関東、九州でも新規感染者が急増した」と指摘した。

 ABによると、11日までの直近1週間での10万人当たりの感染者数は東京都が91人と全国で一番多く、宣言が出された栃木や大阪、福岡でも40人を超えた。大阪は飲食店の時短営業に取り組み、減少していたが再び増え始めた。医療体制も…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです