メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災「小さな小さな追悼式」 息子亡くした79歳 若者の関心に希望感じ

 阪神大震災で住宅の9割が倒壊・焼失し、47人が犠牲となった神戸市須磨区千歳地区。震災モニュメントを前に自治会が行う1月17日の追悼行事は20年を区切りに終了したが、次男を亡くした崔敏夫さん(79)は地域の仲間たちと「小さな小さな追悼式」を続ける。震災から26年の今年は10代の若者が灯籠(とうろう)作りなどの準備に初めて加わり、継承への希望を感じている。

 「指だけは切らんとってよ」。崔さんの自宅に9日、カッターを手にペットボトルの灯籠作りを手伝う高校1年の田村世成(せなり)さん(16)と長谷川豊さん(19)の姿があった。中学3年の時に語り部として来校した崔さんの話を聞き、追悼式で顔見知りになった長谷川さんが後輩の田村さんを誘い、手伝いに名乗りを上げたという。「僕たちができることなら何でもやりたい」と2人は口をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 世界を変えた女の子

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです