メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ専門病院スタッフに1人20万円 離職相次ぎ 大阪市長「支援必要」

新型コロナウイルスの専門病院となった大阪市立十三市民病院=同市淀川区で2020年4月20日午前9時53分、伊藤遥撮影

 全国に先駆け新型コロナウイルス専門病院となった大阪市立十三市民病院(同市淀川区)のスタッフに、運営法人の大阪市民病院機構が慰労金として1人20万円を支給することが13日、機構への取材で分かった。2020年4月に専門病院化の方針が打ち出されてから30人以上が離職、松井一郎市長が「現場のモチベーション…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. バイデン氏、低所得者支援で大統領令 「国民の窮状見過ごせない」

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 条約で核兵器なくせるか 「米国の顔色うかがうだけでは核なくせない」 田中真紀子氏が見た日本外交の誤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです