「本当のフランス料理どんな味?」小学生が現地修業 圭太さんの旅が本に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者や家族のために慣れた手つきで「クロックムッシュマダム」を調理する林圭太さん。「生卵を乗せるのが難しい」=長野県伊那市高遠町で2020年12月5日正午、坂根真理撮影
記者や家族のために慣れた手つきで「クロックムッシュマダム」を調理する林圭太さん。「生卵を乗せるのが難しい」=長野県伊那市高遠町で2020年12月5日正午、坂根真理撮影

 長野県伊那市の小学6年、林圭太さん(12)は昨年2月、小5の冬に学校を2週間休んでフランスを旅し、フランス料理を修業した記録を1冊にまとめた。タイトルは「料理大好き 小学生がフランスの台所で教わったこと」(自然食通信社)。渡航費はクラウドファンディング(CF)で募ったり、お年玉を充てたりして工面。修業に欠かせない包丁は鍛冶屋で自作した。「フランス料理を食べたかった。本当のフランス料理はどんな味だろう……って」

 2歳の時に神戸市から自然豊かな長野県伊那市高遠町に移住した。有機農業で野菜や米を育てる林家には、農繁期になると世界各国から農業ボランティアがやって来る。フランスから来たジェレミーさんは「お兄さんのような存在」で、振る舞ってくれる料理はどれもおいしく、フランス料理に興味が湧いた。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文816文字)

あわせて読みたい

注目の特集