メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道、女子70キロで大野が優勝 寝技で一本勝ち マスターズ大会

女子70キロ級決勝 ロシア選手(右)と対戦する大野陽子=ドーハで、国際柔道連盟提供・共同

[PR]

 柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会第2日は12日、ドーハで男女各2階級が行われ、女子70キロ級で31歳の大野陽子(コマツ)が決勝でロシア選手に寝技で一本勝ちし、優勝した。

 男子73キロ級で2017年世界王者の橋本壮市(パーク24)は初戦の2回戦から3試合を勝ち抜いて進んだ決勝で、京都市育ちの在日3世で18年世界一の安昌林(韓国)に反則負けした。

 女子63キロ級の鍋倉那美は決勝で世界選手権3連覇中のクラリス・アグベニェヌ(フランス)に一本負け。男子81キロ級に日本勢は出場していない。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです