メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「記憶に残る選手に」元韓国軍ラガーマンがTL参戦 武器は突破力

練習拠点でボールをパスするNTTコミュニケーションズの申友城=千葉県浦安市で2020年12月9日午後2時35分、谷口拓未撮影

 ラグビー・トップリーグ(TL)のNTTコミュニケーションズに、韓国人選手で元軍人の申友城(シン・ウソン)が新戦力として加わった。ポジションはスクラム最前列のプロップ。約1年8カ月の兵役を終えた23歳は、ある思いを胸に来日した。

 「日本での生活に不満はありません。驚いたことは道ばたにゴミが落ちていないこと。私もゴミ袋を持ち歩くようになりました」。182センチ、110キロの巨体を誇る申は、千葉県浦安市にあるNTTコムの練習グラウンドで笑顔を見せた。

 昨年11月下旬に韓国から来日し、新型コロナウイルス感染拡大の影響による2週間の隔離措置を経て、チームに合流。「食べられる物を作るくらいはできます」と、浦安市内で1人暮らしする。来日前は兵役義務のある韓国で軍の体育部隊「尚武(サンム)」に所属。兵役期間をラグビー選手として過ごす軍人だった。

入隊後の射撃訓練、外出禁止……

 ソウル出身で、中学からラグビーを始めた。「勉強は苦手だったが、スポーツは得意だった」と申。日本以上の学歴社会と言われる韓国で、自身の才能に…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1220文字)

谷口拓未

毎日新聞東京本社運動部。1987年、北海道生まれ。2010年入社。津支局、中部報道センター(名古屋市)を経て、16年10月から現職。17年からパラリンピックを担当し、18年に平昌パラリンピックとジャカルタ・アジアパラ大会を現地取材した。19年はラグビーW杯取材に没頭。甲子園まで「あと1勝」に迫った高校球児の頃から好不調の波が激しい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです