メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝、4連敗 綱取り可能性ほぼなくなる 大相撲初場所

貴景勝=平川義之撮影

[PR]

 大相撲初場所4日目は13日、東京・両国国技館で行われた。

 貴景勝が初日からまさかの4連敗。場所前から注目された綱取りについての質問に伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「聞くこと自体がおかしい」とつっぱねた。今場所での横綱昇進の可能性はなくなった。

 押し相撲の相手に3連敗し、迎えたのは左四つ得意の宝富士。昨年は4戦4勝だった相手に土俵際まで押し込みながら、いなされると、右腕を手繰られ、最後は上手投げで土俵にはわされた。取組後は今場所初めて取材に応じず、国技館を後にした。

 場所前から「全員ができることではない。伸び伸びとやりたい」と綱取りへ気負いを見せていなかったが、初日から攻め切れない場面が目立つ。この日、土俵下の審判長でもあった伊勢ケ浜部長も「立ち合いの圧力がない。だんだん元気がなくなってきた」と心配する。

 昨年12月に相撲教習所で行われた合同稽古(げいこ)に参加。横綱・白鵬や大関・朝乃山らと稽古するなど、精力的に励んできたはずだったが、歯車はかみ合わないまま。「今場所に限って何か変えるものはない。弱ければ強くなるしか、上がる方法はない」と話していた貴景勝。巻き返すためにも、まずは白星をつかみたい。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 新型コロナ 特措法改正案 まん延防止措置、修正 自民、発動厳格化検討

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 余録 米国でスペインかぜが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです