新入幕の業師・翠富士が快進撃 親方譲りの「必殺技」秘訣は?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
翠富士(奥)が肩すかしで豊山を降す=東京・両国国技館で2021年1月11日午後4時22分、幾島健太郎撮影
翠富士(奥)が肩すかしで豊山を降す=東京・両国国技館で2021年1月11日午後4時22分、幾島健太郎撮影

 大相撲の土俵に新たな「業師」が誕生した。東京・両国国技館で1月24日まで開かれた初場所で、新入幕ながら9勝6敗と勝ち越し、技能賞も獲得した翠富士(みどりふじ、24歳)=伊勢ケ浜部屋=だ。得意技の肩すかしは、天才肌の相撲で横綱にまで上り詰めた師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)や、技巧派で名をはせた部屋付きの安治川親方(元関脇・安美錦)らも得意とした「伝家の宝刀」。勝てば技能賞が決まる千秋楽の一番も、動きのいい翔猿を肩すかしで破った。躍進を支えた技の秘訣(ひけつ)とは。【黒川優、村社拓信】

 翠富士は静岡県焼津市出身。小学生から相撲を始め、県内の強豪・飛龍高から西の名門・近大に進学した。1年生だった2015年に全国学生相撲個人体重別選手権で優勝するなど活躍したが、翌16年に中退。同じ近大中退の経歴を持つ伊勢ケ浜親方の元に入門し、16年秋場所に初土俵を踏んだ。幕下で長く過ごしたが、20年春場所で新十両に昇進すると4場所で幕内へ駆け上がった。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1291文字)

あわせて読みたい

ニュース特集