メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ回復後も肺に炎症 無症状のネコ 日米研究チーム

 新型コロナウイルスに感染したネコは、回復しても感染後4週間は肺に炎症が残ることを確認したと、河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)ら日米の研究チームが、米疾病対策センター(CDC)の専門誌「エマージング・インフェクシャス・ディジージズ」電子版に発表した。チームは「ヒトの後遺症のメカニズムを解明する一端になる可能性がある」としている。

 チームは新型コロナウイルスに感染した飼育中のネコ(生後15~18週)を観察。ネコは無症状だったが、鼻や気管では感染6日目までウイルスの増殖が続いた。一方、肺では感染3日目にわずかにウイルスが確認されただけだった。しかし、病理解析で肺の炎症の有無を調べると、ウイルスが確認されなくなった感染10日目のネコも炎症があり、4週間経過後も慢性化した炎症が残っていた。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです