メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

有料老人ホームの費用が不安

生活の窓口相談員(ファイナンシャルプランナー)長沼満美愛

 Q 有料老人ホームの費用が不安

 有料老人ホームの入居を具体的に考え始めました。貯蓄を取り崩しながら入居することになるため、費用の不安は切実です。私が入居できる施設の価格帯を知りたいです。(70代、女性)

収入と支出、平均余命の計算を

 A 有料老人ホームの入居を考えるとき、心配ごとの一つはコストでしょう。何年入居が続くかは予想できないため、令和元年簡易生命表による平均余命が参考になります。平均余命は、男性が75歳で約12年、80歳で約9年となっており、女性は75歳で約16年、80歳で約12年となっています。

 まず、興味を持った施設に問い合わせるなどして、入居一時金と月額利用料を調べます。入居一時金の金額は施設によって幅があり、月額利用料の一部前払いと捉えます。月額利用料は、賃料、共用部の管理費、食費、水道光熱費などを含みます。月額諸経費は入居後に別途かかるため、要介護度別の介護サービスの利用料と利用者の自己負担割合に応じて見積もります。1割負担の人は約5万円、2~3割負担の人は約9万円を目安に見積も…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです