連載

花谷寿人の体温計

政治や社会の出来事が人々に与える影響を「体温」として読み解く、花谷寿人論説委員のコラム。

連載一覧

花谷寿人の体温計

学校は何のために

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高校受験のシーズンを迎える。一昨年に亡くなった若者のことを考えている。

 千葉県成田市の渡辺純さん(当時21歳)。脳性まひで、たんを吸引する医療的ケアが必要だった。県立高校への進学を希望し、7年間浪人したが、27回不合格。定員割れでも落とされる「定員内不合格」は25回にも及んだ。

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された事件があった。障害者と地域で一緒に暮らせる社会は実現できないのか――。コラムを書いた時、純さんの母みささんから本社愛読者センターに電話をいただいた。

 「(小中の)クラスメートは、純がいてくれてよかったと言ってくれています。事件を起こした被告も、障害のある子と過ごしていたら、障害者のことも普通に見られていたかもしれません」

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文902文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集