メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 高校受験のシーズンを迎える。一昨年に亡くなった若者のことを考えている。

 千葉県成田市の渡辺純さん(当時21歳)。脳性まひで、たんを吸引する医療的ケアが必要だった。県立高校への進学を希望し、7年間浪人したが、27回不合格。定員割れでも落とされる「定員内不合格」は25回にも及んだ。

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で45人が殺傷された事件があった。障害者と地域で一緒に暮らせる社会は実現できないのか――。コラムを書いた時、純さんの母みささんから本社愛読者センターに電話をいただいた。

 「(小中の)クラスメートは、純がいてくれてよかったと言ってくれています。事件を起こした被告も、障害のある子と過ごしていたら、障害者のことも普通に見られていたかもしれません」

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです