メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第69回独立書展 内省的な言葉に挑む

 第69回独立書展(17日まで、東京・六本木の国立新美術館)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響だろうか、内省的、自らの創作態度を問い掛ける言葉に挑んだ作品が並んだ。

 仲川恭司さん「響心」=写真[1]。文字の対応に心を砕いていて、右と左の文字が響き合い、不思議な均衡が生まれた。動きのある線も魅力たっぷり。

 片岡重和さん「無信不立」=同[2]。言葉の意味の力みを自身に問い返して泰然とした表情に持ち込んでいる。淡墨の使い方とともに、文字の接近も考え抜かれている。

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです