メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日芸術賞の人々

/3 鴻池朋子さん

鴻池朋子さん=玉城達郎撮影

 ◆美術Ⅰ部門(絵画・彫刻・工芸・グラフィック)「鴻池朋子ちゅうがえり」(アーティゾン美術館) 鴻池朋子さん

生の実感を差し出す

 広い展示空間を起伏に富んだ「広野」に変えた。コロナ禍で生の実感に飢えていた観客の心身を震わせたと、高く評価された。東日本大震災以降の10年間に自らの手で確かめてきた世界を、鑑賞者を信じてまるごと差し出したような展示だった。

 「(展示空間に)どうやって入って、どうやって出て行くかということが、人と作品の出合いだと思う。そんな禅問答のようなことばかり考えていました」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです