メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

新たな河野裕子像探る=酒井佐忠

河野裕子さん=2009年12月25日、望月亮一撮影

 天性の歌人といわれた河野裕子の短歌の魅力を丹念に読み解いた大森静佳の『この世の息 歌人・河野裕子論』(角川書店)が刊行された。昨年の河野の没後10年を記念する出版である。著者の大森は31歳の精鋭歌人。河野のもとで歌を学んだ最後の歌人で、2010年には角川短歌賞を受賞している。

・たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか

 よく知られた第1歌集『森のやうに獣のやうに』の青春歌から、64歳で亡くなった後の遺歌集『蟬声(せんせい)』まで、全15歌集の作品に、新鮮な気持ちで接し、新たな河野裕子像を探りだしている。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです