連載

詩歌の森へ

文芸ジャーナリスト・酒井佐忠さんの「詩」に関するコラム。

連載一覧

詩歌の森へ

新たな河野裕子像探る=酒井佐忠

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野裕子さん=2009年12月25日、望月亮一撮影
河野裕子さん=2009年12月25日、望月亮一撮影

 天性の歌人といわれた河野裕子の短歌の魅力を丹念に読み解いた大森静佳の『この世の息 歌人・河野裕子論』(角川書店)が刊行された。昨年の河野の没後10年を記念する出版である。著者の大森は31歳の精鋭歌人。河野のもとで歌を学んだ最後の歌人で、2010年には角川短歌賞を受賞している。

・たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか

 よく知られた第1歌集『森のやうに獣のやうに』の青春歌から、64歳で亡くなった後の遺歌集『蟬声(せんせい)』まで、全15歌集の作品に、新鮮な気持ちで接し、新たな河野裕子像を探りだしている。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1178文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集