メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎 新橋演舞場/国立劇場 菊五郎がコミカルに=評・小玉祥子

 東京・新橋演舞場は、海老蔵と若手花形主体の「初春海老蔵歌舞伎」。最初が右團次の曽我五郎、壱太郎の曽我十郎、児太郎の静御前による舞踊「春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)」。3人が拍子にあわせて、七種をたたくそぶりがあるなど、初春らしい風情が漂う。

 続いて「毛抜(けぬき)」。小野家のお家騒動を使者として訪れた粂寺弾正(海老蔵)が解決する。若衆の秀太郎(児太郎)、腰元巻絹(壱太郎)に次々とたわむれかかっては、はねつけられる弾正の色気と愛嬌(あいきょう)を海老蔵が発揮。陽性さが歌舞伎十八番物の荒事に似合う。右團次の玄蕃、男女蔵の民部。

 最後が舞踊2題。ぼたんの「藤娘」と堀越勸玄の牛若丸、海老蔵の弁慶の「橋弁慶」。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです