メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給与ファクタリング逮捕 無登録容疑 50億円貸し付けか

 「給与を前借りできる」などとうたって現金を貸し付ける「給与ファクタリング」の手法で違法な利息を受け取っていたとして、警視庁生活経済課は14日、金融会社社長、足立慎吾容疑者(34)=東京都新宿区四谷4=ら7人を貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで逮捕したと発表した。2018年以降、全国の延べ約9万7000人に約50億円を貸し付け、利益は約13億5000万円に上ったとみている。

 逮捕容疑は20年4月4~21日、4都県の12人に約74万円を貸し付け、手数料として法定金利を上回る約19万円の利息を受け取ったとしている。足立容疑者は容疑を認め、従業員ら他の6人は「貸金業ではない」などと容疑を否認しているという。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです