メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 福岡・関西、緊急事態 宣言初日、変わらぬ出勤

通勤電車を降りて職場などに向かう人たち=福岡市中央区の西鉄福岡(天神)駅で2021年1月14日午前8時7分、津村豊和撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大により、福岡県や大阪府など7府県に緊急事態宣言が再び発令されて初めての朝を迎えた。2月7日までの宣言期間中に政府などは「出勤者の7割減」に向けたテレワークの推進を求めるが、職場の事情ですぐには対応できない人も多く、福岡市の繁華街では14日朝、前日と変わらない通勤風景が見られた。

 携帯電話販売会社に勤める男性(40)=福岡県柳川市=は午前8時過ぎ、福岡市中央区の西鉄福岡(天神)駅の改札を出た。「販売の仕事なので人と対面せざるを得ない」と、通勤時の混雑を含め感染への不安はつきない。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです