メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英女王も絶賛、豪華特急が引退 近鉄12200系、老朽化で3月 中長距離需要、コロナで減る

12200系の車両=東大阪市で2020年12月15日、菱田諭士撮影

 国内豪華列車の先駆けとなった近畿日本鉄道の特急12200系(愛称・新スナックカー)が2021年3月、老朽化のため引退する。翌年の大阪万博に合わせるために1969年にデビューし、トイレを洋式にするなどインバウンド(訪日外国人)にも対応。半世紀にわたって関西の鉄路を走り続け、英国のエリザベス女王を乗せたこともある。新型コロナウイルスの影響で特急の需要が低迷する中、近鉄は「密を避けた『さよなら運転』で看板列車を穏やかに見送りたい」(鉄道本部)としている。

 「古くさくはなりましたが、半世紀を走り抜いたのは信頼性の高さの証し。まさに近鉄を象徴する特急でした」。20年12月中旬、東大阪市の近鉄東花園検車区。時代を感じさせるオレンジと紺に色分けされた車体を見上げ、技術管理部主査の奥山元紀さん(60)はしみじみとつぶやいた。

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです