メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

自信をつける春に

 新型コロナウイルスの感染拡大で、各地で公演やイベントの中止や延期が続く。東京都在住の主婦、織田朝日さん(47)も、主宰する「劇団」の今春の発表会が開けるか心配だ。メンバーは小学生ばかり10人ほど。全員が埼玉県内に住むトルコ出身の少数民族クルド人だ。

 子どもたちの多くは、家族ともども難民認定申請中で、父親が入管施設に収容された経験を持つ。コロナ対策もあり、父親たち…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです