メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第35回毎日・DAS学生デザイン賞 高校生の部 創造の花、咲き競う

 デザインを学ぶ高校生が感性と創造力を競う「第35回毎日・DAS学生デザイン賞高校生の部」(総合デザイナー協会DAS・毎日新聞社主催、大阪芸術大学・サントリーコミュニケーションズ協力、経済産業省後援)の入賞・入選作品が決まった。グランプリの「銀の卵賞」には福岡・筑陽学園高2年、平山紗羽さんの「虎の四変化」(イラスト部門)が選ばれた。今回は計151点の応募があり、他に部門賞6点、佳作6点、入選51点と学校賞1校を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから表彰式は行わない。

 第51回大学生の部と第34回高校生の部の作品を収めた図録を1000円で販売する。問い合わせはDAS(das@das.or.jp)へ。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです