メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第35回毎日・DAS学生デザイン賞 高校生の部 講評 総合審査委員長・嶋高宏

社会照らす目線と姿勢

 本年度、銀の卵賞は、イラスト部門で応募した平山紗羽さんの「虎の四変化」がグラフィックの「米所みやげ」と最後まで争ったが、完成度の高さが認められ獲得した。1匹の虎をアナログに、しかもそれぞれ違う技法を駆使し4枚。虎の内面までも的確に描写した彼女の知的な視点と技量は素晴らしい。言外の虎の心情を表現し、観(み)る側にある種の哲学を感じさせる完成度の高い1匹の虎の描写が高く評価された。

 次にグラフィック部門賞は、岩﨑悠さんの「米所みやげ」が獲得した。彼女はテーマに沿ってきちっとマーケティングをし、そこから導かれた答えを明解に品のいいグラフィックに展開している姿勢が素晴らしい。ビジュアルにもう少し未来性が欲しかった。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです