メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

業者負担で親族宅工事 加重収賄容疑、道職員を再逮捕 /北海道

 道発注の農業土木工事を巡る官製談合事件で、道警は13日、情報漏えいの見返りとして落札業者側に親族宅の工事費を負担させたとして、道農地整備課主任の山田修被告(36)=官製談合防止法違反(入札妨害)などの罪で起訴=を加重収賄容疑で再逮捕した。また、落札業者の北海土建工業(苫小牧市)元社員、谷口修被告(55)=公契約関係競売入札妨害罪で起訴=を贈賄容疑で再逮捕した。

 再逮捕容疑は2018年4月にあった厚真町の農業土木工事の一般競争入札で、胆振総合振興局農村振興課主任だった山田容疑者が予定価格算出の基礎となる工事価格を谷口容疑者に漏えい。谷口容疑者は同年5~6月、約100万円相当の親族宅の庭舗装工事を十数万円で別の業者に施工させたとしている。

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「かみさまのばか」 今井さんがつづった読書感想文の原文

  2. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大学入学共通テスト、2日目始まる 理科と数学

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです