メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

機長とCA「運航はチームワーク」 多古第一小で授業 /千葉

 多古町立多古第一小学校で2020年12月、日本航空機長の今井草一さん(48)と客室乗務員(CA)の岩田果恋さん(29)が5年生55人に航空業界講話の授業をした。千葉市生まれの今井さんは「飛行機を飛ばすためには、いろいろな人のチームワークが必要不可欠」と話し、岩田さんは「各部署が協力して最高のバトンタッチをしている」と説明した。

 今井さんは乗務時のかばんにアルコールチェッカーやサングラス、タブレット端末などを入れていると紹介し、重さや大きさを感じてもらうため子どもたちに実際に持たせた。航空機の種類や大きさ、操縦席のスイッチの写真を見せながら、クイズ形式で「ロンドン行きの離陸速度は時速330キロ」「着陸の角度は3度」「音速より少し遅い時速850キロで高度1万メートルを飛ぶ」などと説明した。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです