メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運動とボディーケア 「リラク」オープン マラソン・五輪代表の大迫選手、施術を共同開発 千代田 /東京

オープニングイベントでストレッチのポーズを取る大迫傑選手(左)とメディロムの江口康二社長=東京都千代田区で、宮武祐希撮影

 リラクセーションスタジオ「Re.Ra.Ku(リラク)」を運営するメディロム(江口康二社長)は13日、東京オリンピック・マラソン代表の大迫傑選手(29)=ナイキ=と共同開発した施術サービスを受けられる1号店「Re.Ra.Ku PRO ランニング竹橋皇居前店」を千代田区のパレスサイドビル1階にオープンした。

 江口社長が昨夏に大迫選手と話した際、運動とボディーケアを組み合わせる重要性の助言を受け、施術サービスを共同開発した。同店は皇居外周に面しており、施術前後にランニングもできるようロッカーやシャワーを設置。施術は大迫選手が専属トレーナーと行っている内容がベースで、股関節周辺のストレッチやもみほぐしなどで動きやすい状態に体を整え、故障を予防する。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです