メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

進路指導、在留資格も配慮 外国籍生徒の将来に必要な知識 教員、更新方法など学ぶ 都立六郷工科高 /東京

求人票を見ながら見学する企業を決める外国籍生徒にアドバイスをする深澤教諭(左)=東京都大田区の都立六郷工科高校で

 門戸を開くだけでなく、将来への支援を――。外国籍の生徒がいる大田区の都立六郷工科高校が、生徒らの在留資格をテーマに研修を重ね、進路指導に生かしている。在留資格によって、労働時間など働く条件が変わってくるからだ。専門的な研修内容も同高では、「子どもたちの将来のために、全教員が必要な知識」だと話す。

 同高は、日本に入国後3年以内の外国籍生徒対象の特別入試「在京外国人生徒対象入試」を実施する都立高校8校の一つ。入学後も、放課後や授業前に外部講師を招いた日本語講座や、保護者会への通訳派遣など、外国籍生徒らを支援する。さらに昨年度末から在留資格の研修が始まった。弁護士を講師に、高校生や親が持っている可能性が高い在留資格の内容を学び、更新方法など具体的な実務にも踏み込んだ講義を、全教員が受ける。

 研修を始めたのは、外国籍の生徒が高校で学ぶにあたり、言葉や文化だけでなく、在留資格への理解が課題となったからだ。同高は全生徒の半数以上が高卒新卒での就職を目指す。だが、外国人の中で家族滞在の在留資格は、就労時間が週28時間以内に制限される。高校に届く求人票にある一般的な勤務時間(週40時間など)は働けず、応募できない。不安定な非正規雇用にしか就けないケースがある。このため、文部科学省は昨年度末、…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです