メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県「ワクチン班」稼働 調整事務を担当 きょうから /山梨

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、長崎幸太郎知事は13日、甲府と中北地域の7市町長とウェブ会議を開き、政府が2月下旬までに開始を見込むワクチン接種に関し、広範な調整事務を担う「ワクチン班」を14日から稼働させると明らかにした。「各市町の担当者と顔が見える関係で情報流通を密にする」と述べた。

 ワクチン接種の動向に関する積極的な情報…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです