諏訪湖・御神渡り 3季ぶり全面結氷 筋や盛り上がりも /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高台の立石公園から全面結氷を確認する宮坂清宮司と氏子総代=長野県諏訪市上諏訪の同公園で2021年1月13日午前9時33分、宮坂一則撮影
高台の立石公園から全面結氷を確認する宮坂清宮司と氏子総代=長野県諏訪市上諏訪の同公園で2021年1月13日午前9時33分、宮坂一則撮影

 諏訪湖に出現する御神渡(おみわた)りの認定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)の宮坂清宮司(70)は13日早朝の湖面観察で、諏訪湖の全面結氷を認定した。御神渡り拝観があった2018年2月以来3季ぶりで、氷に乗った宮坂宮司は「この景色を久しぶりに見ました。うれしいですね。これからの観察が楽しみ。御渡(みわた)り出現をぜひ期待したい」と喜んでいた。

 長野地方気象台によると、諏訪市の朝の最低気温は氷点下7・4度で今月最低を記録。湖面観察場所の舟渡川河口(諏訪市豊田)の午前6時半ごろの気温は氷点下9・3度、水温0度。諏訪湖には前日まで見られなかった氷の筋や盛り上がりが何本も東西方向に走っていた。同市豊田有賀の高台から諏訪湖を観察してきた観察総代の笠原清一さん(63)が「全面結氷です」と報告すると参加者に笑顔が広がり、「やっと諏訪の冬が来た!」。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文560文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集