メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故で車椅子・田中愛唯さん 退院後復学、市長に要望 伊東・南中、改修進める /静岡

タブレット越しに田中愛唯さんと話す小野達也・伊東市長(右端)。左端は母美和さん=静岡県伊東市役所で2021年1月13日、梁川淑広撮影

 交通事故で大けがをした後、リハビリで車椅子で動けるまで回復した伊東市の中学2年、田中愛唯(まゆ)さん(14)が13日、入院先の神奈川県内の病院からビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、事故当時1年生だった市立南中への復学希望を小野達也市長に伝えた。田中さんは5回の手術と2カ月の治療で命を取り留めたものの、一時寝たきりになった。

 田中さんは2019年10月、市内で祖母の運転する車に乗っていて衝突事故に遭い、頸椎(けいつい)損傷と内臓破裂の重傷を負った。当初は身動き一つできなかったが、現在は下半身不随ながら自走式車椅子を操り、20年11月には一時帰宅、英検準2級も受験して合格した。3月に退院の予定。院内で特別支援学校の出張授業を受けているが、主治医も支援学校ではなく普通学校への復学を勧めている。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです