メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖徳太子ゆかりの創作ランチ 鈴鹿山麓混成博物館、3月から提供 「好み」の芋餅など13点考案 東近江 /滋賀

(左手前から)芋餅、チヂミ、惣祈禱料理、デザートセットなどが並んだ「聖徳太子近江韓流膳」=滋賀県東近江市小倉町の「ほんなら堂」で2020年12月22日午後0時20分、伊藤信司撮影

 聖徳太子没後1400年にあたる2022年に向け、東近江市内でランチメニューが創作された。湖東地区の博物館や観光協会で組織する「鈴鹿山麓混成博物館」がキャンペーンの一環で企画した。同地区で太子と渡来人が交流したと伝えられていることから「聖徳太子近江韓流膳」と命名。3月から団体客などに提供していく方針だ。

 安土城考古博物館の元副館長、大沼芳幸さんがアドバイスし、「ファームキッチン野菜花」(東近江市小倉町)の山本弘子さんがメニュー13点を考案した。市内の山麓(さんろく)にある百済寺は聖徳太子開基とされ、周辺では陳皮(ちんぴ)と唐辛子をきかせた「惣祈禱(そぎと)料理」が伝承されている。これに、琵琶湖産のスジエビ入りのチヂミ▽太子が好んだという特産の里芋を使った芋餅▽僧坊酒「百済寺樽(たる)」の酒かす汁…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです