メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青少年読書感想文コン県審査 入賞作100作品決まる 小・中・高生3万4442点応募 /滋賀

 第66回青少年読書感想文全国コンクール(公益社団法人全国学校図書館協議会・毎日新聞社主催、内閣府・文部科学省後援、サントリーホールディングス株式会社協賛)の県内入賞作品が決まった。昨年秋の県審査会(県学校図書館協議会など主催)で優秀賞10点、優良賞16点、佳作74点の計100作品を選んだ。優秀賞の作品は中央審査会に送られ、2月に選考結果が発表される。【竹中拓実】

 読書を通じて広い視野を育み、感想文を書くことで表現能力も育てる狙い。コロナ禍で夏休みが短縮されるなどした中、今回も県内の小学生から1万2952点(216校)▽中学生1万9916点(95校)▽高校1574点(14校)――の計3万4442点(計325校)の応募があった。

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2102文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです