余剰食品持ってきて 芦屋市、フードドライブ開始 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
余剰食品を持ち寄る市民から受け取る伊藤舞市長(左)=兵庫県芦屋市呉川町のコープ浜芦屋店で、峰本浩二撮影
余剰食品を持ち寄る市民から受け取る伊藤舞市長(左)=兵庫県芦屋市呉川町のコープ浜芦屋店で、峰本浩二撮影

 家庭で消費しきれない食品を募り、食料支援を必要とする人たちに提供しようと、コープこうべ(神戸市東灘区)と芦屋市、市社会福祉協議会は13日、連携して「フードドライブ」を始めた。常設型で市内コープ3店舗で受け付ける。

 フードドライブとは、余剰食品を持ち寄り福祉団体や施設などに寄付する活動。食品ロスを減らすだけでなく、新型コ…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

あわせて読みたい

ニュース特集