メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶくぶく潜水隊

沖縄・与那国島沖 「海底遺跡」の周辺 尽きぬ、古代への好奇心 /和歌山

第1遺構のらせん状の階段を歩くダイバー=沖縄県の与那国島沖で2020年9月25日、山本芳博撮影

 私(隊長)は県内の地質を観光に生かす「南紀熊野ジオパークガイド」だったこともあって地形に関心がある。2020年12月の前回に掲載した日本最西端、沖縄県の与那国島沖の「海底遺跡」について、今回はその周辺を紹介する。【隊長、山本芳博】

 与那国島にある与那国町などによると、人工物か自然物か論争が続く「海底遺跡」周辺は、約2300万年~約530万年前に砂岩や泥岩が海底で堆積(たいせき)した「八重山層群」という地層だという。

 現在、「海底遺跡」の一部は海面から出ており、最大水深でも25メートルと浅い。2万年前の氷期は海面が今よりも100メートル以上低かったといい、海底遺跡周辺は氷期になる度に海上に姿を見せていたと考えられる。約150メートル離れた与那国島と陸続きだった時代もあったとされる。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです