メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 三原小5年生がメッセージソング ただ光求め前へ 三原 /広島

コロナで苦しむ人々を激励する「光」を歌う三原小5年生=広島県三原市館町2で、渕脇直樹撮影

♪悲しくてつらくても くらやみはいつかは終わる

 新型コロナウイルス感染拡大で苦しい思いをしている人々を励まそうと、三原市立三原小(館町2)の5年生77人がメッセージソング「光」を作った。「悲しくてつらくてもくらやみはいつかは終わる」と希望を歌っている。CD300枚を作製し、医療機関などに届ける。

 児童は各自が言葉を出し合うなどして歌詞…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです