メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

九州・山口 JR九州・青柳俊彦社長 物流やIT事業を強化 /福岡

インタビューで質問に答えるJR九州の青柳社長=須賀川理撮影

 JR九州の青柳俊彦社長は毎日新聞などのインタビューで、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化について「人の移動に頼りすぎていた」と述べ、物流やITなど鉄道以外の事業を強化する考えを示した。また、赤字ローカル線維持のため沿線自治体との議論が必要だと強調した。【聞き手・石田宗久】

 ――2020年は新型コロナが経営に大きな影響を与えました。

 ◆人の移動が急激に落ち、鉄道の客が蒸発してしまった。JR九州グループは鉄道以外にも事業を広げ上場を果たしたが、その成長のすべてが人の移動に頼っていたと非常に反省している。コロナの状況は1、2年では元に戻らないと覚悟している。客が回復しない中で持続的な経営ができる体質づくりが急務だ。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです