メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 小中校教職員に長崎大アンケ 児童生徒に深刻な影響 「生活の乱れある」7割が回答 /長崎

 長崎大は、新型コロナウイルスの感染拡大や臨時休校が学校現場に与えた影響を調べるため、県内の小中学校の教職員にアンケート(複数回答可)を実施した。約7割が「生活リズムが乱れた子供がいた」「運動不足の子供がいた」と回答するなど、児童生徒に深刻な影響が出ていることが明らかになった。【田中韻】

 アンケートは昨年8~9月にインターネットで実施し、全体の25%にあたる2130人から回答を得た。

 3~5月の臨時休校後の児童生徒の状況について、約3割が「学習や学力に不安を抱えている子供がいた」と回答。学校教育への不安については「学校行事をどうするか」(76・7%)▽「学級・学校内で子供たちの健康・安全をどう確保するか」(69・5%)▽「学校はますます多忙化していくのではないか」(62%)――の順に多かった。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 世界を変えた女の子

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです