メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル「ついに鹿児島でも」 10年ぶり 関係者に衝撃、拡大へ危機感 /鹿児島

防護服を身につけて防疫作業にあたる関係者ら=鹿児島県提供

殺処分など対応に追われる

 鹿児島県さつま町の養鶏場で13日、鳥インフルエンザウイルスの発生が確認されたことを受け、関係者は同日未明から殺処分などの対応に追われた。鹿児島県は宮崎県と全国一、二を争う養鶏王国で、県内の養鶏場での鳥インフルエンザ発生は2011年以来10年ぶり。今季に入って宮崎をはじめ各地で鳥インフルエンザ発生が確認される中「ついに鹿児島でも」と衝撃が走った。【足立旬子】

 鹿児島県の塩田康一知事は報道陣に「養鶏は、農業産出額980億円で鹿児島県の基幹産業。まん延すると大きな影響がある。この1件で食い止める」と述べ、感染拡大への危機感をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです