メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

併存する二つの世界=坂東賢治

 <moku-go>

 ありえたかもしれない「もう一つの世界」を描いた歴史改変SFと呼ばれるジャンルがある。米国ではフィリップ・K・ディックの「高い城の男」(1962年)が名高い。第二次大戦で日独に負け、分断統治された米国を描いた。

 昨年来の米大統領選をめぐる動向はこうしたパラレルワールドのような二つの世界が併存している感覚を抱かせた。共和党支持者と民主党支持者の分断は以前からあったが、それとはどこか違う。

 我々の知る伝統的な米国と、新たに現れたトランプワールドとの分断とでもいえるだろうか。米メディアはオルタナティブユニバース(もう一つの世界)という言葉をよく使っている。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです