連載

木語

中国取材の経験が豊富な坂東賢治専門編集委員のコラム。

連載一覧

木語

併存する二つの世界=坂東賢治

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <moku-go>

 ありえたかもしれない「もう一つの世界」を描いた歴史改変SFと呼ばれるジャンルがある。米国ではフィリップ・K・ディックの「高い城の男」(1962年)が名高い。第二次大戦で日独に負け、分断統治された米国を描いた。

 昨年来の米大統領選をめぐる動向はこうしたパラレルワールドのような二つの世界が併存している感覚を抱かせた。共和党支持者と民主党支持者の分断は以前からあったが、それとはどこか違う。

 我々の知る伝統的な米国と、新たに現れたトランプワールドとの分断とでもいえるだろうか。米メディアはオルタナティブユニバース(もう一つの世界)という言葉をよく使っている。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集