メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

コンビニ24時間営業、変わるの? 公取委に問題指摘され、本部が時短を積極容認=回答・中津川甫

利用客同士の距離が近づかないように、目印がつけられているコンビニ店=大津市で、菅健吾撮影

 なるほドリ コンビニエンスストアの24時間営業が変わるの?

 記者 近年、商号やノウハウを提供するコンビニ本部と、それを利用して店舗を運営するフランチャイズチェーン(FC)加盟店(かめいてん)の関係が悪化しています。加盟店主が過重(かじゅう)な負担を和らげるため、営業時間の短縮を交渉しようとしても本部が拒絶したり、本部が加盟店の望まない商品の仕入れを強要したりしている実態が、公正取引委員会(こうせいとりひきいいんかい)の調査で明らかになりました。問題を指摘された大手コンビニ8社は昨年11月に改善策を公取委に報告しました。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです