メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に

米家電見本市開幕 コロナ対応アピール 非接触技術を駆使

ソニーが公開した、歌手マディソン・ビアーさんのアバター(中央)が仮想のステージで公演する動画=エピックレコード提供

 世界最大の家電IT見本市「CES」が11日(日本時間12日未明)、開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は初めて全てのイベントをオンラインで14日まで開く。世界的に非接触・非対面の新たな生活様式が広がっており、各企業はデジタル技術を駆使した新たなサービスをアピールしている。

 CESは例年1月、米ネバダ州ラスベガスで開かれている。2020年は約4400社が出展し、17万人が来場したが、オンライン開催となった今年の出展企業は約2000社と半分以下に減少。日本企業ではソニーやパナソニック、NTTなどが出展する一方、常連のトヨタ自動車やホンダなど自動車メーカーは出展を見送った。

 11日のメディア向け発表会には、各企業のトップらが登壇。新型コロナの影響で大勢の人が集まるライブが制限される中、ソニーは歌手の動きをセンサーで捉え、コンピューターグラフィックス(CG)で再現したアバターが、仮想のコンサートホールで歌う動画を配信した。スタジオなどで歌っていても、本物のホールでライブをしているような臨場感を出せるという。ソニー・ミュージックエンタテインメントでデジタル事業を率いるデ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです