メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

高速炉「常陽」遠い再稼働 「早くても24年度内」に先送り 停止13年、膨らむ安全対策費

JAEAの高速炉「常陽」=茨城県大洗町で2017年3月4日、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 次世代の原発と呼ばれる「高速炉」。国内唯一の高速炉「常陽」(茨城県大洗町)は、10年以上も止まったままだ。日本原子力研究開発機構(JAEA)は、開発の動きを止めまいと再稼働を目指しているが、「2022年度内」としていた再稼働を「早くても24年度内」に先送りする方針を決めた。高速炉の開発は、絵に描いた餅になりつつある。【塚本恒】

 原子炉の開発は、実験段階に当たる「実験炉」で技術の基礎を確認してから、新たに「原型炉」と呼ばれる炉で関連する技術の確立を目指す。それが終わると、今度は「実証炉」と呼ばれる炉を使って経済性を確認する。

この記事は有料記事です。

残り1998文字(全文2263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです