メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-佐藤天彦九段 第27局の1

同姓対決

 昨年12月に指された6回戦の第2局。佐藤康光九段と佐藤天彦九段による同姓対決を駆け足で振り返ろう。

 佐藤康は羽生善治九段との5回戦を最終盤の一失で落として2敗目を喫し、佐藤天は2連勝後の3連敗で黒星を先行させている。ただし、昨日までご覧いただいた通り、その5回戦の最終局で斎藤慎太郎八段が豊島将之竜王の軍門に降って全勝者が消えた。挑戦レースの行方はまだ見えない。今期は最終局までもつれ込むだろう。

 11日、東京の将棋会館「特別対局室」。定刻に佐藤康の[先]7六歩で対局が始まると、佐藤天はマフラーを几帳面(きちょうめん)に折りたたんで膝掛け代わりに膝の上へ乗せた。今期、初めて佐藤天の盤側につくが、マフラーの膝掛け使用は以前からしばしば目にしている。習慣化した佐藤天の冬場の対局光景といっていい。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです