メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

乳幼児健診「未受診」アンケート/下 コロナ拡大、滞る自治体の対応

健診を終えた母親から子育ての相談などを受ける保健師(左)=江戸川区のなぎさ健康サポートセンターで、谷本仁美撮影

 乳幼児健診を受けずに子どもが虐待死した事件が相次いだことを受け、全国の主要74市区を対象に実施した毎日新聞のアンケートで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を尋ねたところ、半数以上の自治体が未受診児への対応が「滞った」と回答した。家庭内での虐待がみつかりにくくなる事態も懸念される。

 「健診のご案内、届いていますか」

 京都市では乳幼児の集団健診が終わると、保健師らが受診会場に姿を見せなかった子どもの親に電話をかける。中には受診を拒んだり、何度電話してもつながらなかったりする親もいる。家庭訪問で接触を試みて状況を把握。結果を1カ月後の会議に持ち寄る。子どもに直接会えない場合や、児相などと連携して対応する必要がある場合、健診予定日から2カ月以内に要保護児童対策地域協議会(要対協)に情報を提供する。

この記事は有料記事です。

残り1110文字(全文1461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです