メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

シリコーンで蚊よけ 感染症予防 花王研究所が発表

 <ピックアップ>

 低粘度のシリコーンオイルを肌に塗ると、蚊がとまっていづらくなり吸血を予防できることを明らかにしたと、花王パーソナルヘルスケア研究所などのチームが発表した。人の肌を使った実験で、通常は85%の蚊が吸血行動を示したのに対し、シリコーンオイルを塗った肌では4%にとどまったという。研究チームは「蚊が媒介する感染症の予防に役立つ技術だ」とする。

 地球温暖化に伴い、デング熱やマラリアなどを媒介する蚊の分布域の拡大が、世界的に問題になっている。これらの感染症にかかる人が増えるとの研究報告も出ている。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです