メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所 貴景勝4連敗、綱消えた

宝富士(奥)に上手投げで敗れる貴景勝=東京・両国国技館で2021年1月13日、西夏生撮影

4日目(13日・両国国技館)

 大関・貴景勝は平幕の宝富士に敗れて初日から4連敗。カド番の2大関は、正代は21歳の琴勝峰、朝乃山は阿武咲をそれぞれ降した。

 勝ちっぱなしは平幕の大栄翔、明生、明瀬山の3人となった。

いなされ、投げられ

 貴景勝が初日からまさかの4連敗。場所前から注目された綱取りについての質問に伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「聞くこと自体がおかしい」とつっぱねた。今場所での横綱昇進の可能性はなくなった。

 押し相撲の相手に3連敗し、迎えたのは左四つ得意の宝富士。昨年は4戦4勝だった相手に土俵際まで押し込みながら、いなされると、右腕を手繰られ、最後は上手投げで土俵にはわされた。取組後は今場所初めて取材に応じず、国技館を後にした。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです