メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 共通テスト四苦八苦 コロナ対策 試験官増、時差退出

大学入試センター試験に臨む受験生たち=大阪府吹田市で2020年1月18日午前9時10分、山田尚弘撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、大学入試センター試験に代わる初の大学入学共通テストが16、17日に実施される。東京や大阪など11都府県では緊急事態宣言下で本番を迎えることになった。試験会場となる大学は感染症対策に追われている。

 「感染症への対応は苦慮している」。東京都八王子市の多摩キャンパスが試験会場となる中央大の担当者は準備の苦労をこう説明する。都内の私立大では最大規模となる約2400人が受験する予定だ。

 大学入試センターは発熱やせきなどの症状を訴える受験生がいた場合、医師らが新型コロナ感染の可能性の有無を確認し、該当者には追試の受験申請を案内することを求めている。該当者以外で受験の継続を希望する場合は別室か試験室に戻って受けてもらう。中央大は試験監督者を例年より10人以上増やしたが「試験室や監督者の手配がぎりぎりの状況」だという。

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです